もつ鍋の歴史やスタイル

バナー

もつ鍋の歴史やスタイル

  

もつ鍋は牛や豚のもつ(小腸や大腸などの内臓)を主材料とする鍋料理です。

ホルモン鍋とも呼ばれています。

もつ鍋の味は味噌味、塩味、コチュジャン韓国風邪など多種にわたります。

もつ鍋のココだけの話をしましょう。

近年の作り方は昆布や鰹でだしをとり、醤油や味噌で味付けをし、大量のニラときゃべつを投入し、もつのにおいを消す為にニンニク、唐辛子を投入します。



野菜類を食べたあとにはちゃんぽんの麺を入れて締めとする場合が多いです。

4yuuu!を知るならこのサイトです。

もつ鍋は日本では福岡県発祥といわれています。もともとの起源は終戦後、炭鉱夫として働いていた朝鮮半島の人たちがホルモンをニラと一緒にアルミの鍋でしょうゆで味つけをして食べていたことがルーツと言われています。

1960年代に唐辛子をゴマ油でいためてからもつを入れて、調味料とねぎを入れてすき焼きのように食べられるようになりました。


材料がもつやホルモンな理由ですが、ホルモンという言葉はもともとは関西弁で放るもん、捨てるもんという言葉が由来といわれています。

当時は動物の内臓は必要の無い部位として扱われており、食材ではないので捨てられていました。
戦後の食糧難も手伝い、食べるものがなかったことからホルモンも食材として利用することになっていったのです。

今ではもつ鍋は人気店なども多く、メジャーな鍋料理の一種になっていますが、昔は食べ物として扱っていなかった部位を当時の貧しい人たちが生活のために食べ始めたという時代背景があります。